1. トップ
  2. 友の会概要
友の会概要

定款

NPO法人化に伴い、規約を定款と改めて制定する。

特定非営利活動法人むずむず脚症候群友の会 定款

第1章 総則

(名称)

第1条 この法人は、特定非営利活動法人むずむず脚症候群友の会という。

(事務所)

第2条 この法人は、主たる事務所を大阪府高槻市に置く。

(目的)

第3条 この法人は、むずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群:RLS)及びその関連疾患に関する正しい知識の情報提供に関する事業を行うことにより、もって、早期発見と適切な診療・治療により、患者が安心して生活できる環境づくりを進めるとともに、患者及び家族との親睦・交流を深めることにより、医療・福祉の増進に寄与することを目的とする。

(活動の種類)

第4条 この法人は、前条の目的を達成するため、特定非営利活動促進法(以下「法」という。)第2条別表1号(保健、医療又は福祉の増進を図る活動)を行う。

(事業の種類)

第5条 この法人は、第3条の目的を達成するため、次の特定非営利活動に係る事業を行う。

①むずむず脚症候群に関する啓発事業

②むずむず脚症候群に関する相談事業及び情報提供事業

③むずむず脚症候群の患者及びその家族との交流事業

④むずむず脚症候群に関する広告事業

第2章 会員

(種別)

第6条 この法人の会員は、次の2種類とし、正会員をもって法上の社員とする。

(1) 正会員  むずむず脚症候群又は関連疾患の患者及びその家族

(2) 賛助会員 この法人の目的に賛同して入会した個人又は団体

(入会)

第7条 会員として入会しようとするものは、入会申込書を理事長に提出し、理事長の承認を得なければならない。理事長は、会員の申込みについては、正当な理由がない限り入会を認めるものとするが、入会を認めない場合は、理由を付した書面をもって本人にその旨を通知しなければならない。

(入会金及び会費)

第8条 会員は、理事会において別に定める入会金及び会費を納入しなければならない。

(退会)

第9条 会員は、退会届を理事長に提出し、任意に退会することができる。

2 会員が、次の各号のいずれかに該当する場合には、退会したものとみなす。

(1) 本人が死亡し、又は会員である団体が消滅したとき。

(2) 会費を6カ月以上滞納したとき。

(除名)

第10条 会員が、次の各号のいずれかに該当する場合には、理事会において、役員総数の3分の2以上の議決により、これを除名することができる。ただし、その会員に対し、議決前に弁明の機会を与えなければならない。

(1) この定款に違反したとき。

(2) この法人の名誉を傷つけ、又は目的に反する行為をしたとき。

(拠出金品の不返還)

第11条 会員が納入した入会金、会費及びその他の拠出金品はその理由を問わず、これを返還しない。

第3章 役員

(種別)

第12条 この法人に、次の役員を置く。

(1) 理事    5人以上15人以内

(2) 監事    1人以上2名以内

2 理事のうち、1人を理事長、2人以内を副理事長とする。

3 理事及び監事は、総会において選任する。

4 理事長、副理事長は、理事の互選により定める。

5 役員のうちには、それぞれの役員について、その配偶者若しくは三親等以内の親族が1人を超えて含まれ、又は当該役員並びにその配偶者及び三親等以内の親族が役員総数の3分の1を超えて含まれることになってはならない。

6 監事は、理事又はこの法人の職員を兼ねてはならない。

(職務)

第13条 理事長は、この法人を代表し、その業務を統括する。

2 副理事長は、理事長を補佐し、理事長に事故があるとき、又は理事長が欠けたときは、理事長があらかじめ指名した順序によりその職務を代行する。

3 理事は、理事会を構成し、この定款の定め及び総会又は理事会の議決に基づき、この法人の業務を執行する。

4 監事は、次に掲げる職務を行う。

(1) 理事の業務執行の状況を監査すること。

(2) この法人の財産の状況を監査すること。

(3) 前2号の規定による監査の結果、この法人の業務又は財産に関し不正の行為又は法令若しくは定款に違反する重大な事実があることを発見した場合には、これを総会又は所轄庁に報告すること。

(4) 前号の報告をするために必要がある場合には、総会を招集すること。

(5) 理事の業務執行の状況又はこの法人の財産の状況について、理事に意見を述べること。

(任期)

第14条 役員の任期は、2年とする。但し、再任を妨げない。

2 補欠又は増員により選任された役員の任期は、前任者又は現任者の残任期間とする。

3 前2項の規定にかかわらず、任期の末日において後任の役員が選出されていないときは、その任期を、任期の末日後、最初の総会が終結するまで伸長する。

(欠員補充)

第15条 理事又は監事のうち、その定数の3分の1を超える者が欠けたときは、遅滞なくこれを補充しなければならない。

(解任)

第16条 役員が次の各号のいずれかに該当するときは、総会の議決により、これを解任することができる。但し、その役員に対し、議決の前に弁明の機会を与えなければならない。

(1) 心身の故障のため、職務の執行に堪えられないと認められるとき。

(2) 職務上の義務違反その他役員としてふさわしくない行為があったとき。

(報酬等)

第17条 役員は、その総数の3分の1以下の範囲内で報酬を受けることができる。

2 役員には、その職務を執行するために要した費用を弁償することができる。

3 前2項に関し必要な事項は、総会の議決を経て、理事長が別に定める。

第4章 総会

(種別)

第18条 この法人の総会は、通常総会と臨時総会とする。

(構成)

第19条 総会は、正会員をもって構成する。

(権能)

第20条 総会は、以下の事項について議決する。

(1) 定款の変更

(2) 解散

(3) 合併

(4) 事業報告及び収支決算

(5) 事業計画及び収支予算並びにその変更

(6) 役員の選任又は解任、職務及び報酬

(7) その他運営に関する重要事項

(8) 入会金及び会費の額に関する件

(開催)

第21条 通常総会は、毎年1回開催する。

2 臨時総会は、次の各号のいずれかに該当する場合に開催する。

(1) 理事会が必要と認めて、召集の請求をしたとき。

(2) 正会員の5分の1以上から会議の目的を記載した書面によって開催の請求があったとき。

(3) 監事が第13条第4項第4号の規定により招集したとき。

(招集)

第22条 総会は、理事長が招集する。但し、前条第2項第3号の規定による場合は、監事が招集する。

2 理事長は、前条第2項第2号の規定による請求があった場合は、その日から30日以内に臨時総会を開かなければならない。

3 総会を招集するときは、会議の日時、場所、目的及び審議事項を記載した書面をもって、少なくとも7日前までに通知しなければならない。

(議長)

第23条 総会の議長は、その総会において、出席した正会員の中から選出する。

(定足数)

第24条 総会は、正会員の2分の1以上の出席がなければ開会することができない。

(議決)

第25条 総会における議決事項は、第22条第3項の規定によってあらかじめ通知した事項とする。

2 総会の議決事項は、この定款で定めるもののほか、出席正会員の過半数をもって決し、可否同数のときは、議長の決するところとする。

3 総会の議決について、特別の利害関係を有する正会員は、その議決に加わることができない。

(書面表決等)

第26条 やむを得ない理由のため、総会に出席できない正会員は、あらかじめ書面又は電磁的方法(大阪府条例で定めるものをいう。)をもって表決し、若しくは他の正会員を代理人として表決を委任することができる。

2 前項の場合における前2条の規定の適用については、その正会員は総会に出席したものとみなす。

(議事録)

第27条 総会の議事については、次に掲げる事項を記載した議事録を作成し、これを保存しなければならない。

(1) 日時及び場所

(2) 正会員の現在数

(3) 出席した正会員の数(書面又は電磁的方法による表決者及び表決委任者については、その旨を明記すること。)

(4) 審議事項及び議決事項

(5) 議事の経過の概要及びその結果

(6) 議事録署名人の選任に関する事項

2 議事録には、その会議において出席した正会員の中から選任された議事録署名人2名以上が、議長とともに署名押印しなければならない。

第5章 理事会

(構成)

第28条 理事会は、理事をもって構成する。

(権能)

第29条 理事会は、この定款で別に定めるもののほか、次に掲げる事項を議決する。

(1) 総会に付議するべき事項

(2) 総会の議決した事項の執行に関する事項

(3) その他総会の議決を要しない業務の執行に関する事項

(開催)

第30条 理事会は、次の各号のいずれかに該当する場合に開催する。

(1) 理事長が必要と認めたとき。

(2) 理事総数の3分の1以上の理事から会議の目的を記載した書面によって開催の請求があったとき。

(3) 監事から召集の請求があったとき

(招集)

第31条 理事会は理事長が招集する。

2 理事長は、前条第2号の規定による請求があったときは、その日から15日以内に理事会を招集しなければならない。

3 理事会を招集するときは、会議の日時、場所、目的及び審議事項を記載した書面をもって、少なくとも7日前までに通知しなければならない。

(議長)

第32条 理事会の議長は、理事長が当たる。

(議決等)

第33条 この法人の業務は、理事総数の過半数をもって決する。可否同数のときは議長が決するところによる。

(議事録)

第34条 理事会の議事については、次に掲げる事項を記載した議事録を作成し、これを保存しなければならない。

(1) 日時及び場所

(2) 理事の現在数及び出席した理事の氏名(書面表決者については、その旨を明記すること。)

(3) 審議事項及び議決事項

(4) 議事の経過の概要及びその結果

(5) 議事録署名人の選任に関する事項

2 議事録には、その会議において出席した理事の中から選任された議事録署名人2名以上が、議長とともに署名押印しなければならない。

第6章 資産、会計及び事業計画

(資産)

第35条 この法人の資産は、次の各号に掲げるものをもって構成する。

(1) 財産目録に記載された財産

(2) 入会金及び会費

(3) 寄附金品

(4) 財産から生じる収入

(5) 事業に伴う収入

(6) その他の収入

(資産の管理)

第36条 資産は、理事長が管理し、その方法は、理事会の議決を経て、理事長が別に定める。

(経費の支弁)

第37条 この法人の経費は、資産をもって支弁する。

(事業計画及び予算)

第38条 この法人の事業計画及び予算は、理事長が作成し、総会の承認を得なければならない。これを変更する場合も同様とする。

(予備費の設定及び使用)

第39条 前条に規定する予算には、予算超過又は予算外の支出に充てるため、予備費を設けることができる。

2 予備費を使用するときは、理事会の議決を経なければならない。

(暫定予算)

第40条 第38条の規定にかかわらず、やむを得ない理由により予算が成立しないときは、理事長は、予算成立の日まで前年度の予算に準じ収入支出することができる。

2 前項の収入支出は、新たに成立した予算の収入支出とみなす。

(事業報告及び決算)

第41条 理事長は、毎事業年度終了後3か月以内に、事業報告書、財産目録、貸借対照表、収支計算書を作成し、監事の監査を経て、総会の承認を得なければならない。

(借入金)

第42条 この法人が資金の借入れをしようとするときは、理事会の議決を経なければならない。

(事業年度)

第43条 この法人の事業年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

第7章 事務局

(設置)

第44条 この法人の事務を処理するため、事務局を置くことが出来る。

2 事務局には、事務局長、会計、その他の職員を置くことが出来る。

3 事務局の職員は、理事長が任免する。

(書類及び帳簿の備置き)

第45条 主たる事務所には、法第28条に規定される書類のほか、次に掲げる書類を常に備えておかなければならない。

(1) 会員名簿及び会員の異動に関する書類

(2) 収入、支出に関する帳簿及び証拠書類

第8章 顧問

第46条 この法人には事業を運営するために必要な意見を求めるために、顧問(特に医師)を置くことが出来る

2 顧問は理事長が任免する。

第9章 定款の変更及び解散

(定款の変更)

第47条 この定款の変更は、総会に出席した正会員の4分の3以上の議決を経なければならない。

(解散)

第48条 この法人は、次に掲げる事由によって解散する。

(1) 総会の決議

(2) 目的とする特定非営利活動に係る事業の成功の不能

(3) 正会員の欠亡

(4) 合併

(5) 破産手続開始の決定

(6) 所轄庁による認証の取消し

2 総会の決議により解散する場合は、正会員総数の4分の3以上の承諾を得なければならない。

(残余財産の処分)

第49条 解散後の残余財産は、法第11条第3項の規定に掲げるもののうち、総会で議決したものに帰属させるものとする。

第10章 雑則

(公告)

第50条 この法人の公告は官報により行う。

(委任)

第51条 この定款の施行について必要な事項は、理事会の議決を経て、理事長が別に定める。

附則

1 この定款は、この法人の成立の日から施行する。

2 この法人の設立時の入会金及び会費は、第8条の規定にかかわらず、次の各号に掲げるものとする。

(1)正会員

入会金 0円 会費 年額 2,000円

(2)賛助会員

入会金 0円 会費 年額 1口 5,000円

個人1口以上、団体6口以上、法人10口以上とする。

3 この法人の設立当初の役員は、第12条第3項及び第4項の規定にかかわらず、次に掲げるとおりとし、その任期は、第14条第1項の規定にかかわらず、平成24年6月30日までとする。

(1)理事長

氏名 良永信男

(2)副理事長

氏名 大垣敏雄、板津茂雄

(3)理事

氏名 松本美恵子、柴崎孝、小菅陽子、工藤紀子、磯崎由美子

(4)監事

氏 名 隠岐 拓

4 この法人の設立初年度の事業計画及び予算は、第38条の規定にかかわらず、設立総会の定めるところによる。

5 この法人の設立初年度の事業年度は、第43条の規定にかかわらず、成立の日から平成24年3月31日までとする。

理事長挨拶

人生の三分の一は睡眠で、その睡眠中に成長ホルモンが分泌されるといわれている大切な、大切な時間です。その重要な睡眠にむずむず脚症候群(RLS)で悩む人が全国で200万人から500万人いると言われています。私は約10年前にRLSを発症し、RLSと診断されるまでの半年間、多くの病院で睡眠薬を処方され服用した結果、その逆効果として脚を取り去って欲しいと願うほど苦しんできました。幸いにも睡眠障害の専門医師に出会え、劇的な効果をもたらす薬を処方して頂き、その結果、今まで体験したことのないほど熟睡でき、睡眠の有難さを身にしみて体験しました。しかし、今現在でも睡眠障害専門の医師にめぐり合えず、苦しみに耐えておられる患者さんが数多くいると思われます。

私は多くの医師の協力を得ながらホームページを立ち上げました。そのホームページを見て連絡して下さった150人を越える患者さんの情報から、RLSの発症時期が20才未満の方が25%もいることを知りました。子供の患者さんの中には、医師からも、親からさえも理解してもらえず、学校では居眠りをしてしまう為、怠け者として見なされる有様です。また、透析患者は副作用としてRLSが発症し、耐え難い苦しみを体験していることも知りました。

こういった患者さんを少しでも多く、早く、苦しみから救う必要があります。その為に患者会「むずむず脚症候群友の会」を立ち上げることを決意しました。皆様のご協力を頂きながら、患者さん及び医師との情報交換を通じて、RLSをより深く理解し、PRしていきたいと考えています。また、多分野に亘る医師にRLSの実態を知って頂きたいと願っています。残念ながら現在の医療技術では薬を一生服用し続けなければならないのが実態ですが、根本的な治療方法が一刻も早く開発される事を期待し、様々な情報を研究者に提供する患者会にもしていきたいと思っております。 皆様にはこの設立の趣旨にご賛同頂き、当友の会へのご参加を心よりお願いいたします。

2008年5月
むずむず脚症候群友の会
理事長:良永信男


スタッフプロフィール

理事長プロフィール

理事長 良永信男
出生 宮崎県宮崎市
資格 睡眠健康指導士(初級)
趣味 囲碁・ゴルフ・社交ダンス・ピアノ

病歴

1997年8月 むずむず脚症候群を発症
1997年9月~ 4つの病院に通院
1998年2月 内科、整形外科(2箇所)、心療内科全ての病院にて睡眠薬を投与される。

[症状悪化]
一晩中歩き廻らざるを得ない状態
頭を柱に打ちつけ、脚の切断を願望
整形外科にてMRIにて診断
椎間板ヘルニアによる不眠症と断定レーザー手術を実施
⇒全く快癒せず

[手術実施]
MRIによる診断・・・椎間板ヘルニアが原因と断定
レーザー手術を実施・・・効果なし

[QOL低下]
電車及びバスの乗り越し(遅刻頻発) 渋滞中に車で追突。勤務時間中に居眠り頻発(毎日)

治療効果

1998年2月 睡眠障害専門医師を発見(睡眠障害の書籍より) 大阪医科大学 付属病院 精神神経科黒田健治先生の診察(入院検査)

[診断結果]
むずむず脚症候群、周期性四肢運動障害

[薬]
抗てんかん薬「(ランドセン:0.5㎎ 1錠)就寝前服用」

[効果]
効果抜群(睡眠の有り難さを痛感)
3ヶ月後完治と思い、薬の服用ストップ
⇒ 6ヵ月後再発 ⇒ 重症化

[再度通院]
抗てんかん薬 ⇒ 全く効果なし

[薬]
抗パーキンソン用薬 ⇒ 効果抜群

薬の副作用
幻覚、妄想、金縛り(最初の3ヶ月間に数回発生)

RLSに関するホームページ開設

1997年8月 ホームページ開設
RLS財団(米国)のホームページに感激し、ホームページを開設。
治療薬の紹介(翻訳し、日本の薬品名をつけてホームページに記載)
むずむず脚症候群の詩(翻訳して記載)、患者の悩み などを掲載

事務局紹介

名称 むずむず脚症候群友の会
設立 平成20年6月2日
所在地 〒569-1042
高槻市南平台5丁目31番1号
良永方
代表 良永信男
電話・FAXでのお問い合わせ TEL/FAX:072-646-6226
受付時間:火曜・木曜・土曜 10:00~16:00
定休日:月曜・水曜・金曜・祝日
メールでのお問い合わせ mail@muzumuzu.link

入会のご案内

1.会員の種類/年会費

[1] 通常会員 (むずむず脚症候群とその関連疾患の患者さん、またはそのご家族)

年会費 2,000円

[2] 賛助会員 (本会の活動内容を理解し、ご賛同いただける個人・団体・企業)

年会費 1口 5,000円
(個人:1口以上、団体:6口以上、企業:10口以上)

[3] 寄付金および広告(手数)料は、上記の会費制度と別とします。

年会費は、年度が変わるごとにお支払い下さい。

途中で会員でなくなった場合でも、年会費は返却されません。

2.手続きの流れ

① お申し込み

友の会に通常会員として、もしくは賛助会員として入会をご希望される方は、友の会事務局への電話、またはEメールでお申し込みください。

② 「入会案内書(申込書)」および「振込取扱票の送付」

お申し込み確認後、「入会案内書(申込書)」および会費の振込取扱票を、郵送にて送付いたします。

③ 年会費のお支払い

年会費を指定の口座(ゆうちょ銀行) 払込取扱票にてにお振込みください。また、同時に、「入会申込書」に必要事項をご記入、ご捺印のうえ、事務局までご送付ください。
口座番号:00910-0-280928
加入者名:むずむず脚症候群友の会

④ 会員証および最新版の会報の送付

お振込みを確認させていただいた時点で、会員証、各種情報(約10項目:薬の種類など)及び最新版会報(2冊)
なお過去の会報につきましては希望者のみ1冊250円で配布します。 これをもって、入会の承諾に代えさせていただきます。

会員になると...

  • 年1~2回、会報をお届けします。
    ~会の活動、イベントや交流会などに関する最新の情報をお届けします。
  • 会員同士の交流会・懇談会に参加できます。平成26年4月より年1回以上
  • 会員対象の講演会・勉強会に参加できます。

    代表や専門医と語り合い、相談できる機会を設け、会員相互の交流をはかります。

    講演会における専門医師の講演内容をお伝えいたします。

    従って、講演会に参加できない遠方にいらっしゃる会員様にも、専門医師の講演内容はお伝えいたします。

    (2009年度の講演会の専門医師(2人)の内容は合計55ページ(A4)でした。

    ただし、2009年度の講演内容につきましては、新規加入者の希望者には500円にてお渡ししています。)

  • 会員からアドバイスがもらえます (交流会、電話、メールなど)
  • Webサイトの会員専用ページにアクセスできます。
  • 非薬物療法(日常生活の改善による症状緩和策:約20種類)をお伝えいたします。

    (症状の軽い方であれば、我慢できる程度になる場合がありますし、薬との併用をされることをお勧めいたします。)

お問い合わせフォーム

必要事項をご記入の上、送信お願いいたします。確認後、改めてご連絡いたします。

電話、ファックスまたはメールでのご相談につきましては、最初のみ無料にて承りますが、2回目からのご相談は、原則として、入会されてからご相談ください。

お名前*
郵便番号*
住所*
電話番号*
メールアドレス*
お問い合わせ内容
*は必須項目です。