1. トップ
  2. オーグメンテーション
オーグメンテーション

オーグメンテーション

この2~3年でRLS用の薬であるドーパミンアゴニストの薬(ビ・シフロール、レキップ、ニュープロパッチ)の副作用としてオーグメンテーション(症状増悪)が発生することが話題になってきている。オーグメンテーションとはRLSの治療としてドーパミンアゴニストを服用するとRLSの症状が一時的に良化するが、しばらくするとRLSの症状が悪化することをいう。このレポートでは専門医師の発表内容(オーグメンテーションの定義、発症しやすい患者、発症率など)を示して、その後筆者が実施したオーグメンテーションの対応策について記述する。筆者には2014年と2015年の2回オーグメンテションが発生したので、その都度レキップで対応し、成功を収めたものと思っている。
詳細は会員専用ページを見てください。

対策方法(ビ・シフロールに起因するオーグメンテーション対策)

ビ・シフロールの服用を減らし、レキップやトラマール、トラムセットなど別の薬と併用することでオーグメンテーションが改善されるかを試みました。

  • ビ・シフロールからレキップへ切り替えていく。オーグメンテーションが防止できた。
  • ビ・シフロールの数量を減らしてトラムセットを追加
    オーグメンテーションが防止できた。
  • ビ・シフロールの数量を減らしてトラマドールを追加した
    オーグメンテーションが防止できた。

オーグメンテーションの発生率

No. 品 種 名 発生率(%) 出典
1 ビ・シフロール 9.1 1
8~5 6 2
33 3
7 4
2 レキップ 2.3 2
3 Lードーパ以外のDA ≦10 5
4 ロチゴチン 2.7 6
13.2 7
5 ドミン
出典1: 喬橋 et al Plos One2017;12:
出典2: Garcia-Borreguero D et al:Mov Disord 2007;22Suppl
出典3: Silber MH et al: Sleep 2003 ; 26
出典4: 友の会(第3回調査結果)
出典5: 井上雄一 睡眠医療 No.1, Vol4 2010
出典6: Inoue Y et al Biol Psychiatry 2013
出典7: Oertel w et al: Lancet Neurol 2011:10(8)