むずむず脚症候群(RLS)

むずむず脚症候群(RLS)のサイトをご覧いただき、誠に有難うございます。

「むずむず脚症候群(RLS・Restless Legs Syndrome)」の患者様の多くは病気とは気づかず、一人で悩んでいるという現状があります。当会は、むずむず脚症候群の苦しみから一人でも多くの患者様を救うため、社会に向けた様々な啓発活動や、会員同士の情報交換を目的に活動を行っています。


ご挨拶

私は1997年6月(59歳)にむずむず脚症候群を発病し、2002年2月にアメリカのRLS財団のむずむず脚症候群に関するホームページ(以降「HP」と称す)に触発され、2002年8月にHPを立ち上げました。以降アンケート調査などを実施しながら、HPを通して色々な情報を提供し始めました。
その後、2008年6月にむずむず脚症候群友の会を設立し、以後12年間活動をしてきました。この度高齢化みより活動を定期的な活動ができない状態になりましたので友の会を解散し、個人的に出来る範囲でRLS患者の相談相手としてお世話することにいたしました。

RLS・むずむず脚症候群とは?
(レストレスレッグス症候群)


TOPICS

2019.02.19
「むずむず外来」の開設

島根大学精医学部神神経科に在籍されていた堀口淳先生がて定年退職され、
慶応大学の客員教授として、附属病院精神神経科に「むずむず外来」を開設されました。
現在第2火曜日の午後1時から午後4時半まで診察をされています。
さらに先生の出身地である愛媛の西条道前病院でも「むずむず外来」を開設されています。
予約電話番号は0897-56-2247です。
また、高知の鏡川病院においても、むずむず外来を開設されました。毎週火曜日の午前中です。
予約電話番号は088-833-4328です。
先生は漢方薬についても造詣が深く、非常に親切に診察されておられます。
現在薬に悩まされている患者さんには大変参考になると思います。
2017.03.28
ホームページをリニューアルしました。