1. トップ
  2. ブログ
ブログ

昼間のRLS症状について

2017.07.13

RLSは夕方から朝方に発症する病気だと言われてきました。
しかし、最近では昼間にも発症する患者が増えています。
ホルモンの分泌と強く関係していると言われていたのに・・・・
ホルモンが朝方や昼間から分泌の量が少なくなってきたのでしょうか?
ちょっと考えられないですね。

そこで私の経験をもとに推定してみます。
私は通常ビ・シフロール(0.125mg)を4錠服用していました。
多すぎるので3錠に減量してみました。すると残念ながら夜の睡眠は摂れません。
さんざん苦しみながら夜を過ごすことになります。
すると確実に昼間にもRLS症状が発生します。
1日減量しただけで、2~3日は昼間に症状が出るのです。
睡眠とドーパミンの分泌は非常に強い関係があるのではないでしょうか?

従って、昼間にもRLS症状が出ている患者さんは、夜の薬を若干増量して様子を見るのも良いかもしれませんよ。
あくまでも私の経験ですから、皆様に同じことが起こるかどうか分かりませんが是非実験してみてください。